海未「思わず誘ってしまったのです」