夏海「ねえ、ほたるん、うちと付き合ってみない?」