後輩「また死にたくなりましたか?」 その3