千早「ひんやりではないのだけれど」