一夏「やっぱり、箒んところが一番いいな」