貴音「では、古事記のお話でもしてあげましょう」