山月記が伝えたかったこと