【加藤純一】新しいものは求められてない?