【昭和初期】「落ちたら二度と上がってこれない。地獄に通じている」と言われた井戸に纏わる、恐ろしくも悲しい話