中学卒業後何年も経って同級生に遭遇。「お前が俺にしたこと忘れてねーからな!」と空きペットボトルを投げられた