太宰治のこの一文が好き