文学の肝は「冗長」にある