音楽史上屈指のダサさを誇るPVとしても有名な、Journeyが演奏するWBCのテーマソング「Separete Ways」は、実は男女の別れを歌った名曲。イントロのリズムが侍ジャパンの名シーンとともに。