プロゲーマー・梅原大吾さんの「便利な技」に対する考え方